エアコンの乾燥肌から守るには?オフィスでもできる4つのケア方法!

エアコンで乾燥肌になる前に!職場でもできる4つの有効ケアをまとめました

エアコン 乾燥 肌

 

エアコンの普及で、どこでもエアコンが効いていて過ごしやすくなりました。

 

しかし、エアコンにずっと当たっていると、肌が乾燥してしまいます。

 

冬ばかりでなく、夏のクーラーにより1年を通して肌の乾燥に悩む方も多いのではないでしょうか。

 

特に冬は空気が乾燥していて、出勤する時にも肌が乾燥しますし、オフィスに着いてからもエアコンの暖房によってさらに肌が乾燥する事でしょう。

 

しかし、このやっかいなエアコンによる乾燥はちょっとした方法で対策が可能です。

 

オフィスでも出来るエアコンの乾燥対策について、紹介していきます。

 

しっかりと対策をして、メイクしたてのような肌のしっとり感をキープしましょう。

 

オフィスでもできる!4つの乾燥対策!

 

オフィスでもできるエアコンの乾燥対策には、次の4つの方法があります。

 

@加湿器を置く

 

Aコップに水を入れて置く

 

Bタオルやハンカチを濡らして掛けておく

 

C植物を置く

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

@加湿器を置く

 

小さめの加湿器をデスク周りに置く方法です。

 

オフィス全体を加湿できる加湿器があれば良いのですが、無い場合はなかなか導入し辛いと思います。

 

しかし、デスクにも置ける専用の小さな加湿器であれば、値段も安く設置も簡単なので導入しやすいでしょう。

 

電源やパソコンに繋げて噴霧するタイプもありますが、電源の要らない自然気化式加湿器がおすすめです。

 

噴霧するタイプと比べると加湿する力は落ちますが、加湿器がない状況と比べると、デスク周りの水分は格段に変わります。

 

Aコップに水を入れて置く

 

加湿器が導入できない時は、コップなどに水を入れて置いておくだけでも、加湿効果を得る事ができます。

 

さらに、お湯を使えるのであれば、水よりお湯の方が効果は高いので、マグカップなどにお湯を入れて置いておくのもおすすめです。

 

Bタオルやハンカチを濡らして掛けておく

 

タオルやハンカチを掛ける場所があれば、濡らして掛けておくだけでも加湿効果が得られます。

 

特にかける場所がない時は、引き出しに挟んでおいても良いでしょう。

 

C植物を置く

 

植物も葉っぱから空気中に水分を放出しますし、土からも水分が蒸発するので、加湿効果が期待できます。

 

小さい観葉植物などをデスクに置いておくと、リラックス効果ばかりでなく、加湿効果も得られるのです。

 

やってません?間違った乾燥対策

 

ここでは、よくやってしまうけれど、実は間違っていて、しかも逆効果の乾燥対策を挙げていきます。

 

@化粧水スプレーを吹き付ける

 

肌を潤そうとして、ミストタイプの化粧水を水滴になるくらい吹き付けてはいませんでしょうか。

 

これは、肌が潤っているように見えて乾燥対策としては逆効果です。

 

水分はあるし化粧水なのだからケアをしているように思いますが、その成分のほとんどが水なので顔が濡れただけの状態となります。

 

しかも、水分が蒸発する時に肌に含まれる水分も一緒に蒸発してしまいます。

 

しっかりとケアをするのであれば、そのあとに乳液やクリームを塗りましょう。

 

A乾燥している部分に水をつける

 

洗面所で鏡を見た時に、乾燥していると気づいた唇や目元だけに、水道の水をつけてないでしょうか。

 

こちらも、濡れただけでケアにはなっておらず、余計に乾燥してしまいます。

 

乾燥している箇所を見つけたら、濡らすだけではなく、美容液や乳液、クリームなどを塗りましょう。

 

エアコンの乾燥対策は卵殻膜美容液で!

 

乾燥のケアに効果が期待できる美容液でおすすめなのは、卵殻膜美容液です。

 

卵殻膜は、その成分構成が人の肌に似ているので、塗った時の肌へのなじみが良いのです。

 

美容液は塗ってすぐに浸透するから、気になった時に塗ることができます。

 

卵殻膜美容液ビューティーオープナーであれば、高級感あふれる見た目で、持ち運びに便利なサイズなのでおすすめです。

 

私が使った感想を次のページで紹介しているので、良かったら見てみてくださいね。

 

 

それと、実はこちらのビューティーオープナーは、今ならライン使いもできるサンプルセット付きで、しかも初回半額以下なんです。

 

このキャンペーンは期間限定となっていますので、気になったら公式サイトをのぞいてみてくださいね。

 

>>初回65%OFFでお試しできる公式サイトはコチラ

 

.