乾燥ニキビはもうイヤ!今日から始めるケアのポイントはコレ!

乾燥ニキビをもう作らないための強力ケアの要点をピックアップしました

乾燥 ニキビ

 

ニキビが出来やすい状態として、顔の乾燥が挙げられます。

 

顔が乾燥することが、どうしてニキビに繋がってしまうのか、そのメカニズムと対処方法を紹介していきます。

 

乾燥からニキビに繋がるメカニズム

 

まず、肌が乾燥する事でニキビだけでなく、様々な肌トラブルが生じます。

 

これは、乾燥によって肌の様々なバリア機能が働かなくなる事が主な原因です。

 

たとえば水分の蒸発を抑えたり、外部からの刺激を保護したりといった、肌のバリア機能が乾燥により働かなくなり、少しの刺激で肌がヒリヒリしたり、赤み、痒みが発生するようになってしまいます。

 

このようなバリア機能の低下が、毛穴が詰まって起こるニキビの原因に繋がります。

 

乾燥していない状態の肌は、表面の角層細胞が潤っており、セラミドなどの細胞間脂質が隙間を埋めているので、肌の水分の蒸発や刺激を抑えるといったバリア機能が働きます。

 

しかし、これらの機能が低下すると毛穴がふさがれてしまい、皮脂による毛穴の詰まりではなくニキビが出来てしまいます。

 

乾燥によるニキビのケアは保湿を!

 

一般的なニキビのケアは毛穴や皮脂をどうにかすることを考えますが、乾燥によるニキビのケアは当てはまりません。

 

乾燥によるニキビのケアは、しっかりと保湿して潤いを与えることでしょう。

 

そこでまずは、状態の悪化を防ぎしっかりと保湿していきましょう。

 

そのための重要なポイントは、刺激が少なく肌に優しい、そして保湿効果が十分あるスキンケア用品を選択することです。

 

肌の状態を徐々に正常に戻していく事で、ニキビも良くなっていくでしょう。

 

洗顔にも注意しましょう

 

肌の保湿を高める上で、肌にやさしい洗顔を意識して行いましょう。

 

たとえば、皮脂を取り去る事を目的としているような強い洗顔料や、ごしごしこする洗い方は、逆に肌に必要な水分や皮脂までも取り去ってしまい、逆効果となります。

 

肌に優しいケア用品で、40度弱のぬるま湯でたっぷりの泡で包み込むように洗いましょう。

 

そして、洗顔後はこするようにではなく、タオルに水分を移すイメージでそっと顔を拭き、続いて早めに保湿ケアを行いましょう。

 

卵殻膜美容液によるケアがオススメ

 

乾燥によるニキビのケアにもオススメなのが、卵殻膜美容液。

 

卵殻膜は、ベビーコラーゲンとも呼ばれている保湿効果の高い3型コラーゲンを補ってくれますので、生まれたてのようなぷるっぷるの潤い肌へと導く効果が期待できます。

 

実際に私も試してみましたが、塗ってすぐに肌に浸透してくれますし、そのあとに使用する美容液も浸透力が違います。

 

私のレビューも次のページで読めますので、ぜひ確認してみてくださいね。

 

 

.