卵殻膜にキューピーからも熱視線が!?※意外な利用方法はコチラ

卵殻膜はキューピーでも利用方法が研究されている!?※意外な製品に!

卵殻膜にキューピーからも熱視線が!?※意外な利用方法はコチラ

 

ここでは、マヨネーズで有名なキューピーの卵殻膜の利用方法について、紹介していきます。

 

キューピーの卵の活用方針について

 

卵というのは親鳥に産み落とされてから、21日間大事に温められることによって、雛鳥が生まれます。

 

卵というのは、卵黄や卵白もそうですが、すべてが命の源になる成分が凝縮されて詰まっているので、どこをとっても無駄になるところが全くと言っていいほどないんです。

 

キューピーでは、そういった卵の成分に注目して、マヨネーズ以外にもさまざまな研究を進めているのです。

 

以前では廃棄物になっていた、卵の殻や卵殻膜も近年は積極的に商品開発に利用しているそうです。

 

卵殻膜の利用方法

 

無駄のない卵ですが、その中でも卵殻膜の利用方法について書いていきます。

 

まず、工場から出てきた卵殻を卵殻膜と分ける作業から始まります。

 

卵殻膜には、シスチンをはじめとしてアミノ酸がたっぷり含まれているんです。

 

こういったこともあり、人間の皮膚に合った性質を持っているという点から、さまざまな商品で利用されているんです。

 

卵殻膜を使用した商品

 

・化粧品の原料

 

・ドレッシングなどの調味料

 

・繊維製品への配合

 

・車のシートへの利用

 

といった形で使用されています。

 

卵殻膜だけでもここまで多くの商品に使用されているのです。

 

卵殻膜を取り除いた卵殻粉の利用方法

 

卵殻膜と分けられた卵殻粉は、カルシウムの補給源として利用されているそうです。

 

利用されている商品は、育児用や介護用の食品だったり、かまぼこやソーセージなどの製造工程でも使用されています。

 

それ以外でも、学校のチョークにも使用されています。

 

卵殻粉を使用したチョークというのは、粉が飛びにくくなっているので使用しやすいそうです。

 

乾燥させた卵殻粉の利用方法

 

乾燥させた卵殻粉はカルシウムが吸収されやすいこともあって、土壌の改良剤として利用されていたり、学校のグランドのライン引きの材料にも利用されているそうです。

 

他にも、滑り止めとして靴底のゴムに使われたり、スタッドレスタイヤに使用されたりしています。

 

結構身近なものに使用されているんですね。

 

キューピーの卵殻膜と人間の皮膚についての研究

 

卵殻膜には溶けにくい性質があるため、利用することは困難だったんですが、1990年になって溶かすための技術が確立されて、実際に利用することが出来るようになったそうです。

 

現在は卵殻膜化粧品として商品化もされています。

 

繊維に配合することで服などにも活用されています。

 

卵殻膜の効果がさらに読めます。

 

卵殻膜という言葉を、最近になって初めて聞いた方も多いと思います。

 

捨てられているものだと考えられていた、卵殻膜。

 

身近なものとして使用されているんですね。

 

卵殻膜の効果効能については次のリンク先でまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

.