卵殻膜の生地ってどんな感じ!?※セシールのインナーをご紹介

卵殻膜で生地も作れちゃう!?※セシールのぷるすべインナーを徹底紹介

卵殻膜の生地ってどんな感じ!?※セシールのインナーをご紹介

 

ここでは、生地に卵殻膜を加工した、ぷるすべ(R)インナーについて紹介します。

 

卵殻膜が原料のぷるすべ(R)インナーの生地と種類について

 

セシールが開発したぷるすべ(R)インナーは、スキンケアにも使用されている卵殻膜を加工した生地で作られているんです。

 

2013年に販売が開始され、発熱インナータイプとパジャマ用インナーの2種類があります。

 

ぷるすべ(R)インナーってどんなもの?

 

ぷるすべ(R)インナーの生地に加工してある卵殻膜とは、アミノ酸やコラーゲンが含まれている美容成分のひとつです。

 

生地にアミノ酸が含まれているから、肌当たりが優しく、着るだけでスキンケア効果が期待できるのが、ぷるすべ(R)インナーの魅力です。

 

発熱インナータイプのぷるすべ(R)インナーは日中にピッタリ

 

綿100%のフライス素材に卵殻膜を加工した発熱インナータイプは、その名の通り、発熱機能があり、ふんわり暖かいのが特徴です。

 

発熱機能と同時に吸湿機能も持ち合わせているため、汗をかいても安心、仕事中にもピッタリです。

 

綿100%の生地だから、いやな静電気を寄せ付けず、快適に着られるのも嬉しいポイントです。

 

8分袖のトップス、同じく8分袖の切り替えスリップ、10分長のスパッツと、3つのバリエーションがあります。

 

就寝中にはパジャマインナータイプのぷるすべ(R)インナーを!

 

綿100%の柔らかなガーゼ素材に卵殻膜を加工しているのが、ぷるすべ(R)インナーのパジャマインナータイプです。

 

いつものパジャマの中に着ても違和感のないこだわりのデザインで、寒い季節も暖かく眠れます。

 

綿100%のガーゼ素材は、合繊に比べて柔らかく肌ざわりの良い素材です。

 

そのため、敏感肌で合繊の感触が苦手という人も、ストレスを感じることなく安眠できるんです。

 

ボトムは腹部の冷えを防ぐ腹巻付10分長スパッツ、トップスはタートルネック指穴付きの長袖です。

 

トップスの袖部分は、パジャマを着るときは滑りやすく、就寝中にはずり上がらない、こだわりの設計になっています。

 

卵殻膜配合のコスメも試してみては?

 

ぷるすべ(R)インナーの魅力、分かっていただけたでしょうか。

 

美容成分である卵殻膜は、化粧品やサプリ、ドリンクなどに配合されていますが、インナーにも配合されているなんて驚きですよね。

 

卵殻膜の効果効能については次のリンク先でまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

.