卵殻膜の効果は衝撃的!※ひな鳥の生命の神秘を演出する成分組成とは

卵殻膜の効果にビックリ!ひな鳥を育む不思議すぎるパワーの源とは?

卵殻膜の効果は衝撃的!※ひな鳥の生命の神秘を演出する成分組成とは

 

ここでは、ビューティーオープナーの主成分でもある卵殻膜の効果について、詳しく述べていこうと思います。

 

卵殻膜はそもそも何?

 

卵殻膜は卵の内側にくっついてる薄い皮のことを指します。

 

近年、卵殻膜の持つ神秘的な効果を活かした商品開発が進んできています。

 

卵と雛鳥のスゴイ関係。

 

あらためて考えてみると、親鳥が卵を産んでから、しばらくの期間、ただ温めるだけで雛鳥が殻を破って生まれてくるというのは、非常に神秘的な現象ですよね。

 

ですが、この現象は鳥類が地球上に誕生してから、当然のように無数に繰り返されてきた営みということになります。

 

哺乳類だと母体の体内で栄養をしっかり与えられて育ちますが、卵は外界の大気の中にずっとあるわけですし、また天候の変化によってさらされている環境が変化することもあり得ます。

 

また、衛生面も育っていくには適さないことも多いでしょう。

 

そんな、小さな生命にとって非常に過酷な環境の中で、雛鳥は卵の殻を力強く破って誕生することを考えると、驚嘆せざるを得ない卵殻膜の効果ですよね。

 

卵殻膜の持つ神秘的な効果。

 

人を例に考えてみると、胎児と母親はへその緒で連結されているので、胎児には母体から直接的に栄養が行き届いていきますが、卵にはそういったシステムが存在しないので、卵そのものが雛鳥を成長させるパワーを持っているということになります。

 

特に、卵の内側にある卵殻膜は0.07mmと薄い膜であるにも関わらず、殻の内側部分にしっかり張りついて雛鳥を包み、外部の有害な微生物などから雛鳥をしっかり防御する効果があるんです。

 

また、雛鳥が卵の中で育っていく期間中に、およそ100億の細胞を増殖させる機能を持っているため、雛鳥の生命維持と発育を保ち、生まれ出るまでにずっと働いているというのが、最近の研究で明らかになりました。

 

卵殻膜のメインの成分について

 

卵殻膜のメインの成分となるのは、アミノ酸18種類からなるタンパク質ということになります。

 

卵殻膜のタンパク質の組成は人の髪や肌と非常に近く、またコラーゲンやヒアルロン酸も内包しているため、地球上に唯一の素材となるようです。

 

卵殻膜は今後も楽しみな素材です。

 

いかがだったでしょうか?

 

卵殻膜は画期的な素材として、これからの人類の健康や美容のために、現在も精力的に研究が続けられているそうです。

 

卵殻膜の効果効能については次のリンク先でまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

.